喪中と忌中の違い

知恵袋をみていると「喪中に神社に立ち入ってはいけない」と思っている人が多いようですが、実はこれには誤解があります。
「神社に立ち入ってはいけない」とされているのは忌中といわれる期間で、これは喪中の期間の一部に過ぎません。
「喪中」は「服」「服喪」ともいい、故人への哀悼の気持ちを表わす期間のことをいいます。
「忌中」は「忌」ともいい、故人の祀りに専念する期間のことをいいます。
この「服」と「忌」の期間は、昔は「服忌令」という法律で、例えば父母が亡くなった場合は「忌」が50日、「服」が13ヶ月とされていて、現在でもこれが目安とされています。
「忌」の期間が終わると「忌み明け」となり、忌み明けすれば神社への立ち入りも可能となります。
したがって、初詣や厄除け、七五三などで神社への立ち入りができない期間は、長くても50日ということです。
ただし、一部の神社では忌み明けしても半年〜1年くらいは立ち入りを良しとしないところもあるとのことですので、気になる場合はその神社へ問い合わせたほうが無難かもしれませんね。
下記リンクを是非ご参考下さい。