既婚者の場合、

独身の時と比べると、

身内や親族が増えるため、

葬儀なども何度か体験することになります。

北斎場で葬儀

 

多くの場合、

夫の方は仕事などで忙しい毎日ですので、

身内の葬儀にすべて出席することが出来るとは限りません。

 

 

出張などで、

遠方に出向いて仕事をしている場合もあります。

 

そういった場合にも、

訃報を受けることがあります。

 

妻として身内の訃報をきちんと聞き、

お悔やみの言葉を伝えることは既婚者の場合、

大切な仕事となります。

 

身内の訃報を聞く際に、

気をつけて聞いておくことがあります。

 

 

通夜や葬儀の日時、

どこで行われるのか、

喪主は誰なのか等です。

喪主と施主

 

忙しい場合や遠方の場合は、

通夜か葬儀かのどちらかに出席をします。

 

 

親や兄弟などといった血縁関係の濃い場合は、

通夜、

葬儀の両方をなるべく出るようにします。

 

妻として、そのあたりの日程をきちんと把握をし、

夫とよく相談をします。

 

どちらが出席するのか、

あるいは両方が出席するのかを即座に決めます。

 

 

それによって、

遠方の場合は、

切符の手配や宿泊先の手配などをすぐにします。

 

また香典の用意や香典袋の用意、

名前を書くことなど、

こまごまとした準備が必要になります。

 

 

喪服の準備も一揃え、

忘れ物のないように注意をしながら準備をします。

 

またお供えを用意することも必要ですので、

出かけるまでの間に準備をします。

 

のしに名前を書いてもらうことなど、

葬儀に向いたお供えを準備することも必要です。

 

身内の場合、故人の宗教はよく理解しているため、

どういった葬儀が行われるのかは想像がつきます。

 

知人や友人などの場合には、

そのあたりのことも聞いておくことが必要です。

 

仏式、キリスト教式、

神式などによって、

香典の袋も違いますので、

向いた様式で香典を渡すことが大切なこととなります。

 

 

どういった場合でも、

故人を偲びながら、

喪主にお悔やみの言葉を

心をこめて伝えることが何より大切なこととなります。

 

残された人達の健康を気遣うことも、

既婚者、特に妻としては必要なことです。