葬儀後サポート 

<満中陰まで>

1)お手伝いいただいた方などへのあいさつ回りや

お礼状の発送。
連絡できなかった方への死亡通知。

2)葬儀社への支払い。

※葬儀費用は、相続税計算の控除対象になるので、領収証は、保管しておくこと。

※残った供養品は葬儀社が引き取ってくれますが、遅れてお参りに来られる方のために若干数置いておく。

納骨時に必要な火葬証明をもらっておく。
死亡診断書もコピーを前もって葬儀社に依頼しておく。

死亡届・死亡診断書

3)法事の準備

宗教者やご親戚のご都合があるので、日程や会場を早めに準備、計画をたてる。

   連絡先:宗教者、会場、ご親族
   準備:粗供養、料理 4)の位牌など。

4)お位牌、お仏壇、墓石の準備

葬儀社が用意した後祭り壇や白木の位牌は、満中陰までのもの。

依頼先:仏壇、位牌→仏壇店
    墓石→墓石業者

位牌

 

仏壇

5)遺品整理・形見分け

※遺品整理は、あわてることはありませんが、形見分けはご親戚が集まる満中陰などタイミングでしておいたほうが後々の手数が省ける。

故人様が現役で働いていた場合は、職場の私物も忘れずに。

依頼先:遺品整理業者

遺品整理

<満中陰後>

6)満中陰志(香典返し)の発送

※準備は、満中陰までに。

 

7)納骨 (期限はないので、時期はご遺族のお気持ちを優先)

本骨は、本山又は菩提寺。
・胴骨は、お墓。火葬証明が必要。
最近は、本骨、胴骨ともに一心寺や四天王寺に納骨される人も多い。
海に散骨をする場合は、お骨をパウダー状にする。

依頼先:各散骨業者。

散骨

 

 <各種手続き、名義変更> 時期は、葬儀後~3ヶ月>

8)ライフラインなどの名義変更

・世帯主の変更:役所
・ガス、電気、電話:所轄のガス、電気会社
・水道:水道局
・老人医療受給の停止届け:役所
・賃貸契約:家主又は不動産屋

・自動車の名義変更:陸運局
・携帯電話解約又は名義変更:携帯会社

委託依頼先:行政書士

行政書士

9)預貯金、株券、などの金融資産の名義変更

・遺産分割協議書の作成:各名義変更届出に必要

委託依頼先:行政書士

・相続税が発生する場合(相続税申告)
委託依頼先:税理士

 

10)不動産の名義変更(所有権移転登記)

委託依頼先:司法書士

 

 

11)葬祭費又は埋葬費の請求

葬祭費:市区町村の国民健康保険課
埋葬費:会社の総務課又は健康保険協会

 

委託依頼先:行政書士

 

12)生命保険金請求

請求先:保険会社
相談先:生命保険代理業者
※住宅ローンに残がある場合でも本人死亡で返済免除などがある特約などに注意

 

 

13)遺族年金などの受給申請

・国民年金:各市区町村の国民年金課
・厚生年金:勤務先を管轄する年金事務所
委託依頼先:社会保険労務士

 

北斎場 葬儀市民相談窓口

大阪市立北斎場葬儀手続き窓口

0120-66-5942。

北斎場利用・葬儀・火葬料金・

交通アクセス・ご利用相談窓口

24時間相談応対中。

24時間相談窓口

 
葬儀後のサポート体制も万全。
納骨・相続・遺品整理などの
無料相談も。