遺骨迎えの準備

火葬場に行かない遺族は、遺骨迎えの準備をします。
遺骨、位牌、遺影を安置する後飾り壇(中陰壇)は葬儀社が準備してくれます。
また、精進落としを自宅で行う場合は、その準備も行います。
火葬場から帰ってきた人は、玄関に入る前に身を清める風習があります。
水で手を清め、臨を肩の辺りにかけてもらい、家に入ります。
しかし、この風習は最近はなくす方向にあります

還骨法要(回向)

遺骨、遺影、位牌を安置したら、還骨法要(回向) の儀式を行います(呼び方は宗派によって異なる)。
遺族、会葬者が後飾り壇の前に集まり、僧侶が読経します。
僧侶の指示があったら、喪主から順に全員で焼香して故人の冥福を祈ります。
これで葬儀はすべて終了します。
僧侶が火葬場に同行しないときは、還骨法要は省略されることもあります。
その場合は、遺族や会葬者が順次、焼香、合掌しましょう。

 

初七日忌を還骨法要と一緒に

故人が死亡してから7日目の初七日忌の法要は、遠方に住んでいる親族などへの配慮や、日程的に慌ただしいことなどから、現材では還骨法要と合わせて行うことが多くなっています。
これが付七日です。付七日忌の法要は、還骨法要の読経に続いて行います。

式中初七日も都心部では増えつつあるようです。

精進落とし

還骨法要、付七日忌の法要が終わったら、精進落としの席を設けます。
本来四十九日の忌明けに行うものでしたが、現在では、供養と葬儀の当日、僧侶や世話役などの労をねぎらう意味合いが強くなっています。
精進落としは仕出しを取ったり、料亭などで行うことも多いようです。
また、宴席は設けず、折り詰め料理や油などを配ったり、地方によっては金品を包んで渡すこともあります。
精進落としの席では、喪主や遺族が末席に座り、僧侶、世話役の人たちには上座についてもらいます。
一同着席したところで、喪主がお礼のあいさつをします。
そして、遺族は席を回って世話役など一人ひとりにお礼を述べながら接待します。
精進落としは通常、1~2時間で切り上げます。
喪主は頃合いを見計らってお聞きのあいさつをします。
なお、僧侶が精進落としを辞退すおぜんる場合は、「御膳料」と「お車代」を包みます。

遺骨迎え 精進落とし

 

 

 

次の法要、納骨の確認を

参列者や世話役の人たちが帰ったら、遺族、近親者で、その後の法要や納骨の日時などについて、打ち合わせをしておきます。
世話役の人たちが帰る前には、事務的な引き継ぎも行います。
引き継ぎが終わったら、世話役には、心づけを渡し、感謝の言葉を述べます。

 

精進落とし挨拶例

始まりの挨拶

本日は亡き夫OOのために、お心づかいいただき、ありがとうございました。
通夜から本日まで、皆様には本当にお世話になりました。
お陰様で、滞りなく葬儀・告別式をすませることができました。
故人も安らかに旅立っていったことと思います。
ささやかではございますが、精進落としの臓をご用意いたしました。
どうぞごゆっくりお過ごしください。

 

お開きの挨拶

本日は誠にありがとうございました。
まだ、ごゆっくりしていただきたいところですが、明日のご予占応もございましょうから、長くお引き留めしては申し訳ございません。
この辺りでお聞きとさせていただきます。
皆様、最後まで本当にありがとうございました。

 

大阪市立北斎場TOPへもどる